会社情報company

企業理念

株式会社アオキは「ピンチをチャンスにとらえれば勝てる」と考えています。
目まぐるしく環境が変化しているときこそチャンスが生まれます。あとは自ら行動する勇気があれば世界は大きく変わります。
株式会社アオキは「行動力」「実行力」「勇気・対話力」をもってこの環境に挑戦していきます。

経営理念

アオキは、力を合わせてモノづくりを牽引し、
地域に活きづき 全ての縁する人たちと
喜び溢れる最強の中小企業を目指します。

行動方針

1

変化をチャンスにできる

行動力

2

チャンスを成果にできる

実行力

3

自らを変革させる

勇気・対話力

代表挨拶

株式会社アオキは、仕事をする一人ひとりが自分に誇りをもてる企業風土の実現を目指し、仕事を楽しみながら、目まぐるしく変わる環境に挑戦し続ける企業を構築していく所存です。
 創業より活きてきたモノづくりを原点とし、団結した組織の力を十分に発揮できる職場環境を一緒に寄り添って創り上げ、社会から価値のある企業として地域にも貢献して参ります。

代表取締役社長青木 理

会社概要

社名 株式会社アオキ
所在地 【本社工場】
〒577-0065
大阪府東大阪市高井田中5丁目7番3号
TEL:06-6781-5141 FAX:06-6781-3921
創立 昭和36年(1961年)6月10日
資本金 1,000万円
取締役会長 青木 豊彦
代表取締役社長 青木 理
常務取締役 青木 美矢子
業種 機械装置設計製造、航空機部品、精密部品、切削加工
(アルミニウム、チタニウム、ステンレス、難削材、CFRP複合材)
主要関連品目 宇宙関連、航空機関連、農業関連、医療関連、研究開発関連
主要取引銀行 大阪シティ信用金庫、商工中金、日本政策金融公庫
取引先 JAXA、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン㈱、㈱エイ・イー・エス、大阪大学、
(株)大塚製薬工場、(株)国際電気通信基礎研究所(ATR)、新明和工業(株)、住友精密工業(株)、ダイキン工業(株)、三菱重工業(株)、シャープ(株)

沿革

1961 大阪市片江町にて【青木 唯夫】が青木鉄工所を創業し関西BSの「ブリヂストンタイヤの部品加工」で取引を開始する
1970 需要増大により新鋭設備を増設すると共に大阪府東大阪市楠根2丁目6‐28に工場移転する
1979 個人経営から青木鉄工株式会社へ社名変更する
1990 ジェット旅客機MD-11の量産機部品を受注し、生産を開始する
1995 現本社工場に【株式会社アオキ】と社名変更し移転すると共に【青木 豊彦】が二代目社長に就任するジェット旅客機B777の試作機、量産機部品を受注し、生産を開始する
1997 BOEING社の複合材認定工場の認定を受ける
2002 東大阪宇宙関連開発研究会が設立し、青木豊彦が会長に就任する
2005 宇宙航空研究開発機構(JAXA)との取引開始
2006 ジェット旅客機B787の試作機、量産機部品(金属部品と複合材加工部品)を受注し、生産を開始する
2007 航空機業界の特殊工程認定機関(PRI)からのNadcap認定を取得する
2009 宮崎工場「まいど技術センター」創業開始
まいど1号打ち上げ成功
2010 無人機の開発開始(JAXAと共同研究・開発)
JIS Q 9100認定取得
2012 無人機の機体完成、実用化へ(JAXAと共同研究・開発)
2013 【青木 理】が三代目社長、【青木豊彦】が会長に就任する
大阪市立大学と「医療コンソーシアム」を設立する
シャープの特約代理店となり、販売部門を立ち上げる
2014 NHK番組「超絶!凄ワザ」出演で、ギネス世界記録に挑戦する
2015 DMG MORI製同時5軸マシニングセンター設備導入
2016 国際航空宇宙展に防衛装備庁ブース内で無人飛行機(VTOL)を出展
2017 米国・中国・韓国・アフリカ・フィンランド・タイ王国より視察を受け入れる
2018 (株)大塚製薬工場より新規設備品受注
2019 G20大阪サミットの公式サイトにてキャンペーン動画で紹介される
地域未来牽引企業に選定される
2020 販売事業開始
2021 オープンファクトリー「こーばへ行こう」に企業参加
2022 Osaka 町工場Expo 2022 VR 工場 開設

製品加工に関するお問い合わせはこちら

お問合せフォームへ
お電話でのお問い合わせ受付/平日9:00〜16:00
06-6781-5141